<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

温度計さんが、クッションに居座っておるだすなぁ
e0043819_14321510.jpg


これこれ、遠くて見えんではないか。
ちこうおじゃれ。
どれどれ
e0043819_14332084.jpg


うーむ、風がないからのぅ、いよいよ暑いでおじゃるな。
これ風鈴くん、チンチロ鳴らんと小次郎の首輪にするぞい
e0043819_14345345.jpg


暑すぎるので読書は向かんが、我が家の本棚でも覗いてみるか・・・
e0043819_1436653.jpg

なんじゃ、タンスやんけ、などと言わずともよいのじゃ、ちゃーんとある。
ほれ
e0043819_1437817.jpg

e0043819_14373368.jpg

このくそ重たい箪笥は引き出すのに「えんやこら」と掛け声がいるのだわ。

少しぼかして拡大すると・・・
e0043819_14395086.jpg

e0043819_1440853.jpg

e0043819_14402555.jpg

これが上から下まで500冊入っておるのだじょ。
箪笥の上には実用書物なのだ
e0043819_14413550.jpg

e0043819_1442069.jpg

横の白くて縦長のボックスには規格サイズはみでる本を入れておる
e0043819_14425838.jpg

再度読み返すとなると2年分はあるかなぁ。
[PR]
by mack31452000 | 2013-08-14 14:47 | 日記
刃物と言えば「関の孫六」であった。
今では「貝印」という昔は爪切りでお世話になったメーカーさんが販売している。
デパートに行けばヘンケルスのペティナイフが刃もちもよく、切れ味もよく高価だが秀逸な商品を見かける。
ゾーリンゲン系統の刃物は昭和初期から重宝されていたようで父親がさかんに褒め称えていたのを覚えている。
しかし門司にはデパートがないのだ、今はAmazonで大概の物は揃ってしまうからなくてもいいのだけれど、やはり実物を目にして購入したいのは世の常であるからして買い物ついでに町をうろつき物色した。
以前は刃物を専門で取り扱っていたスーパーに行ったら「関の孫六」に出会えた。
さっそく購入、刃の状態は今のところ指触りが良い、かすかに指紋に引っかかる具合がジャリジャリと小気味よく、すーっとなんでも切れそうな予感。
なんのことはない、昨晩気が向いて「梨の皮」を剥いていた時に切れ味が鈍いので、良いナイフがほしかった
だけの事であった。
e0043819_13333826.jpg

[PR]
by mack31452000 | 2013-08-13 13:33 | 道具
最近思うこと、同じスタンスでやってきたmackworldも、2006年に徒然草から分岐してからはや7年、ブログスタートが2005年8月だから8年間も同じことを細々とやってきたんだなぁ。

で、盆休みで、ここに舞い戻って来て遊んでおるのんだすなー。

最初の原点回帰を呼び起こすのには、うってつけで、ここの場所を削除しなかったのは賢明(自画自賛)。

日記風にシュールに書き留めておくには、ここがいいのはわかっているから、しばらく寛ぐのには最適。
しかし最近は記事入力読み込み速度が遅くなったなーエキサイトの限界なのだろうか?、マシンはCOREi3だからパソコンの処理能力はそう鈍足ではないはずなのにね。
[PR]
by mack31452000 | 2013-08-13 01:48 | 徒然