帰路の流れにあるものは...

仕事が終わる時間には
誰もが軽くおなかをすかせて帰路へつく
その空腹感は
少し寂しくもあり
どこか
太古からの人間の本能のような
原始的な生へのうねりとなり
強い飢餓感の感情へと
変貌をとげる

でも
ああ

俺は生きてるのだとの
確かな蠢きさえ
感じるではないか

そんなとき
真蒼の天空を
仰ぎ見ると眼孔一杯に
遥か彼方の月光が大きく映え
そして.....
屋台が飛んでいた
e0043819_328159.jpg


おまけ
「はいジャ~ンプ」って、狼もお茶目だすなぁ
e0043819_14391936.jpg

[PR]
by mack31452000 | 2005-11-19 19:58 | 日記